知ってた?フランス生まれの郷土料理、ガレットとクレープの関係性。

フランス生まれの似た者同士

main_bg_003

「ガレット」と「クレープ」の関係性

こんばんは!ハース池袋2号店です。
ガレットとクレープ、どちらも当店の人気メニューですが、日本人にとって馴染み深いのはデザートとして有名な「クレープ」ですよね。でも実は、クレープが生まれたのには、ガレットの存在があったからなんです。

今回は、フランス生まれの郷土料理、ガレットとクレープの秘密を探っていきますよ。これを読んでから食べれば、もっと楽しめるはず!

そもそもガレットが生まれたのは?

なんとガレットが誕生したのは、紀元前7000年だという説も。もともとフランスのブルターニュ地方は、小麦を育てるのには不向きな地方。主食として蕎麦粥を食べていたようです。

Hearth2_05

あるときに、一人の女性が太陽で熱された石(ガレ)の上にうっかり蕎麦粥をこぼしてしまい…。それが焼けて固まってできたのが、ガレットの原型なんだとか。

次第にクレープの形に…

そんなガレットがフランス全土に広まるようになったのは、ルイ13世の時代。妻のアンヌ王妃がブルターニュ地方を訪れたときに、ガレットを気に入ったことから宮廷料理に取り入れられるようになったんだそう。

19世紀に入ると、蕎麦粉の代わりに小麦粉が使われるようになり、「クレープ」へと変わっていったんです。20世紀初頭には、パリで一気に人気に!「クレープリー」という形態のお店が増えていきました。

Hearth_ikebukuro02

日本では「クレープ=デザート」のイメージが定着していますが、本場フランスでは、そうではなかったんですね。

おしゃれなイメージが強いけれど…

main_bg_001

もともとは気取らずに食べられる、庶民食だったんです。そう思うと、「おしゃれで手が出しにくい」イメージだったガレットも、なんだか一気にハードルが下がりますよね。特に男性には馴染みがなかった料理かもしれませんが、女性とのデートのときにはぜひ食べてみてくださいね!

ちょっとした豆知識で、食事がもっと楽しく!

original_re

さて、ここまで「ガレット」と「クレープ」の裏にある歴史をお話ししてきましたが、いかがでしたか?ちょっとした豆知識があるだけで、食べるのがもっと楽しくなりそうです。今週末は、ガレット、そしてデザートにはクレープを、ぜひ食べに来てくださいね。